14 Leader Casualties


  1 指揮官の死傷
     次のいずれかの場合に、指揮官の死傷となる。
   1)同行している射撃戦の敵軍射撃で、賽の目が65か66の場合。
   2)同行している白兵戦の攻撃で、自分の賽の目が11か12の場合。
   3)同行している白兵戦の防御で、相手の賽の目が64、65か66の場合。

  2 死傷判定
   1)賽の目(1ヶ)と指揮官死傷表と比較して結果を出す。

   2)戦死または負傷した場合、一緒にいる戦闘部隊は士気チェックを行う。
    この時、指揮官の士気ボーナスをマイナス補正する。

   3)複数の指揮官が同行している場合、賽の目(1ヶ)で該当者を判定。

  3 指揮官の捕獲
     次のいずれかの場合に、指揮官の捕獲となる。
   1)敵軍に全方向を囲まれた状態で、同行する戦闘部隊が全滅。
   2)白兵戦で同行する戦闘部隊が全て降伏(白兵戦結果表でDS)。
   3)指揮官単独でいるHEXに、敵軍の騎兵が突撃または移動段階で進入。

  4 指揮官の退避
   1)指揮官は、白兵戦前に後退できる。

   2)同行する戦闘部隊が消滅しても、上記3.1)2)に該当しなければ、
    近くにいる自軍の戦闘部隊(敵軍に隣接していない)まで退避できる。
    例)完全な包囲でない

【補足】
  1)明記されていないが、指揮官の退避で、移動力の範囲内に自軍の戦闘部隊
   (敵に隣接していない)がいない場合は捕獲となる。

  2)特殊ルールで指揮官の死傷表らしきものはない。
   ナポレオンがメジャーな戦いで戦死していれば、あったかも。