09 Command Phase


  1 移動の時間制限
    現行のルールでは、個々の戦い毎に国別の制限時間を設けている。 詳細はこちら.pdf

  2 士気レベル
    個別の歩兵部隊と別に所属するグループ(軍団、師団など)毎の士気レベルがあり、
    潰走・全滅した大隊の数によりグループ全体の士気が下がる仕組みになっている。
    1時間毎に判定し、歩兵のみ適用する。(騎兵、砲兵は対象外)

  3 指揮ルール
    2011年にハレの戦いが公開された時には、以下のような指揮ルールがあった。
    オプションとして、上記1の移動の時間制限が追加された。その後、ライプチヒの戦いが
    公開された頃に、指揮ルールが削除された。

   3.1 指揮ルールの概要
     各々のターンの初めに指揮判定を行う。ハレの指揮データは、こちら.pdf

    1)軍団司令官が指揮できるかの判定を1時間毎に行う。
     例)ベルナドット元帥は常にできる。ヴィテンベルグ中将は賽の目が4以上の時のみできる。

    2)指揮範囲にある部隊を最高指揮下に入れる事が出来る。
     例)ベルナドット元帥は12なので、12HEX以内に居る師団長/旅団長が候補になる。

    3)能力(capacity)の数だけ最高指揮下に入れる事が出来る。
     例)ベルナドット元帥は2なので、2人の師団長/旅団長を選んで最高指揮下に入れる。

    4)最高指揮下にない師団長/旅団長は、以下のいずれに該当するか判定する。
     A)軍団司令官の指揮範囲内にいれば、局所的指揮下にある。
     B)軍団司令官の指揮範囲外にいれば、指揮下にない。
     例)ベルナドット元帥は能力が2なので、配下の師団長/旅団長4人の中で
      2人は必ずA)かB)になる。

    5)各戦闘部隊は、以下のいずれかに該当するか判定する。
     A)師団長/旅団長の指揮範囲にいれば、次のいずれかの指揮下にある。
      a)師団長/旅団長が最高指揮下にあれば、部隊は最高指揮下にある。
      b)師団長/旅団長が局所的指揮下にあれば、部隊は局所的指揮下にある。
      c)師団長/旅団長が軍団長の指揮下にない場合でも、部隊は局所的指揮下にある。
     B)師団長/旅団長の指揮範囲にいない場合、指揮下にない。

   3.2 戦闘部隊は、指揮下の有無による違いを参照して行動する。 詳細はこちら.pdf

   3.3 指揮官(師団長/旅団長、参謀)も、上記の表による移動力を使う。

【補足】
  1)プレイした感想は、戦いが消極的になる。しかし、思うように指揮できないストレスと
   能力の違いが味わえる(!?)。