12 Fire Combat

  1. 1.射撃戦の機会
    1. 射撃戦は、次の各段階で行う。
    2. 1)移動段階では敵軍の臨機射撃。
    3. 2)防御射撃段階では敵軍の防御射撃。
    4. 3)攻撃射撃段階では自軍の攻撃射撃。
  2. 2.射撃戦の条件
    1. 1)臨機射撃は、自軍に隣接する敵軍だけが行う。
      1. A)敵軍の影響地域で自軍が隊形変更、または向きを変えた場合に臨機射撃を受ける。
      2. B)敵軍の影響地域から自軍が離れる時も臨機射撃を受ける。
      3. C)上記に該当しない場合は、臨機射撃は発生しない。
    2. 2)防御射撃は、自軍が敵軍の影響地域に隣接する場合に受ける。
    3. 3)攻撃射撃は、兵科と隊形により条件が変わる。
      1. A)歩兵の場合
        1. a)縦隊、横隊、一般隊形、方陣、大隊密集、師団密集、混乱は、
           自軍の影響地域にいる敵軍に射撃する。
        2. b)散開隊形は、視線が遮断されない射程距離内の敵軍に射撃する。
           距離が2HEXの場合は、射撃力は1/2になる。ライフル兵は特殊ルール参照。
      2. B)騎兵は散開隊形だけが、自軍の影響地域にいる敵軍に射撃する。
      3. C)砲兵は展開隊形だけが、視線が遮断されない射程距離内の敵軍に射撃する。
  3. 3.射撃戦の手順
    1. 1)隊形と距離から射撃力を決める。pdfファイルに纏めた。
    2. 2)敵軍のいる地形から射撃防御力を決める。なお、下記の補正をする。
      1. A)歩兵と砲兵が共存している場合は、歩兵の射撃防御力から2減算する。
      2. B)1HEXの戦力が7以上の横隊は、縦隊と同じ射撃防御力とする。
      3. C)側面から射撃を受ける横隊の射撃防御力は5とする。
    3. 3)射撃力÷射撃防御力の比を計算し、射撃戦結果表の比を決める。小数点は切り捨て。
    4. 4)賽の目と射撃戦結果表から損害を決める。なお、下記の補正をする。
      1. A)敵軍の戦力が9以上の場合は、(戦力ー9)だけ賽の目に加算する。
      2. B)指揮官が同行する場合は、指揮官の砲兵ボーナスを賽の目に加算する。
  4. 4.砲兵の特殊ルール
    1. 1)1HEX内で射撃できる砲兵の条件
      1. A)平地に展開している場合は、全ての砲兵が射撃できる。
      2. B)平地以外に展開している場合は、先頭の砲兵が射撃できる。
      3. C)横隊の歩兵と共存している場合は、4戦力までの歩兵と砲兵が共に射撃できる。
      4. D)縦隊の歩兵と共存している場合は、先頭の部隊(歩兵か砲兵)が射撃できる。
      5. E)方陣の歩兵と共存している場合は、12戦力までの歩兵と砲兵が共に射撃できる。
    2. 2)射撃できる目標の条件
      1. A)距離の最も近い敵軍を射撃する。
      2. B)指揮官が同行し、隣接するHEXの砲兵は同じ敵軍を射撃できる。
    3. 3)射撃力の修正
      1. A)距離に応じた射撃力を使う。
        1. 2HEX以内は短距離用(上段に記載される射撃力)。
        2. 3から5HEXは中距離用(中段に記載される射撃力)。
        3. 6HEXから最大射程距離までは長距離用(下段に記載される射撃力)。
      2. B)隣接する敵軍には、射撃戦結果表を右側に1列シフトする。
      3. C)方陣に居て、同じHEXに進入した敵軍の騎兵には、射撃力を2倍にする。
  5. 5.攻撃射撃段階より前の後退
    1.  散開隊形の騎兵は、次の例を除いて攻撃射撃段階より前に後退できる。
       また、この時に臨機射撃は発生しない。
    2. 1)敵軍が散開隊形の騎兵の場合は、後退できる。
    3. 2)敵軍が軽騎兵(散開隊形でない)の場合は、後退できない。

【補足】

  1. 1)明記はないが、散開隊形の歩兵と共存している砲兵は、共に射撃できる。
  2. 2)明記はないが、一般隊形の歩兵と共存している砲兵は、先頭の部隊(歩兵か砲兵)が射撃できる。
  3. 3)明記はないが、攻撃射撃段階より前の後退で敵軍が散開隊形の騎兵の場合は、臨機射撃が生じる。