13 Melee Assault Combat


  1 白兵戦の機会
    白兵戦は、自軍の白兵戦段階で行う。

  2 白兵戦の条件
   1)白兵戦は、自軍の影響地域にいる敵軍に行う。

   2)攻撃射撃段階で目標にした敵軍に白兵戦を行う。

   3)白兵戦は、任意である。(必ず行う必要はない)

  3 白兵戦の手順
   1)白兵戦を行う自軍の戦闘部隊と目標となる敵軍を選択する。

   2)敵軍は、任意で白兵戦前の退却を行う。
    退却された場合に、自軍の戦闘部隊は空いたHEXに任意で進入できる。

   3)敵軍の士気チェックを行う。適用する修正はこちら
    A)成功すれば4)へ進む。
    B)失敗すれば混乱し、退却する。自軍の戦闘部隊は空いたHEXに任意で進入できる。
     この戦闘部隊の白兵戦は終了。

   4)自軍の士気チェックを行う。適用する修正は3)と同じ
    A)成功すれば5)へ進む。
    B)失敗すれば混乱し、退却する。この戦闘部隊の白兵戦は終了。

   5)敵軍の白兵戦力を計算する。白兵戦の戦力修正表参照。

   6)自軍の白兵戦力を計算する。白兵戦の戦力修正表参照。

   7)自軍の白兵戦力÷敵軍の白兵戦力比を計算し、白兵戦結果表の比を決める。小数点は切り捨て。

   8)賽の目と白兵戦結果表から損害を決める。指揮官が同行する場合は、指揮官の補正をする。
    A)自軍の戦闘部隊が歩兵の場合は、歩兵ボーナスを賽の目に加算する。
    B)自軍の戦闘部隊が騎兵の場合は、騎兵ボーナスを賽の目に加算する。

   9)白兵戦結果の補足
    A)白兵戦の結果で敵軍が退却した場合に、自軍の戦闘部隊は空いたHEXに任意で進入できる。
    B)敵軍が方陣でDDの結果なら、敵軍は士気チェックを行う。
     a)成功すれば、損害なし。
     b)失敗すれば、混乱して退却。この場合、最初の1HEX後退で2戦力損失。
      以降は影響地域から離れる毎に1戦力損失。
    C)騎兵の場合に戦果がなければ、3HEX後退して士気チェックを行う。
     この場合に影響地域から離れる際に、戦力の損失や臨機射撃は発生しない。
    D)同行する指揮官が死傷した場合は、士気チェックを行う。

  4 白兵戦前の後退
   1)次の兵科と隊形は後退できる。
    A)散開隊形の歩兵・騎兵。 但し、敵軍も散開隊形の歩兵・騎兵か歩兵の場合。
    B)騎兵・騎馬砲兵。 但し、敵軍との移動力差が2以上の場合。
    C)指揮官。
    D)騎兵は、疲労または消耗の状態でも上記A)B)が可能。

   2)後退できる条件。
    A)敵軍の影響地域でないHEXが後退の進路上にある。
    B)敵軍の騎兵の臨機突撃地域にいない。

   3)後退時の制約。
    A)移動力は印刷値の1/2まで。
    B)次の自軍移動段階では移動できない。

   4)後退後の進入。
    A)敵軍が退却した場合に、自軍の戦闘部隊は空いたHEXに任意で進入できる。
    B)進入後、更に新しい敵軍に白兵戦を行える。この場合、敵軍の防御射撃はない。
     但し、敵軍が既に白兵戦を行っていない場合に限り白兵戦を行える。
    C)上記の場合、新しい敵軍も条件を満たせば、白兵戦前の後退ができる。

   5)臨機射撃の扱い。
    白兵戦前の後退、後退後の進入の際に臨機射撃は発生しない。

【補足】
  1)明記はないが、白兵戦に参加した騎兵は自軍・敵軍とも戦果がなければ士気チェックを行う。