イギリス歩兵


  1 軽歩兵中隊
    イギリスの歩兵大隊には軽歩兵中隊が1つ付き、以下の扱いをする。

   1)軽歩兵中隊の能力と制約。
    A)単独の時は必ず2HEXの散開隊形を取り、射撃力は12、射撃防御力は18。
    B)白兵戦前の後退ができ、次項の特殊ルールを適用する。
    C)親大隊から2HEX以上離れない。もし、離れた場合は潰走となり、
      親大隊に合流するように移動する。合流できない時は、消滅する。
    D)上記C)の潰走から回復に失敗した場合も、消滅する。
    E)親大隊以外とは同じHEXに共存しない。

   2)軽歩兵中隊の白兵戦前の後退。
    A)後退時に臨機射撃がない(通常ルールではある)。
    B)後退したHEXに敵軍が進入したら、親大隊による防御射撃がある。
      (通常ルールでは防御射撃はない。)

  2 ライフル中隊
    上記の軽歩兵中隊とは異なり、単独で行動する。

   1)能力と制約。
    A)射撃力、白兵戦力はない。
    B)影響地域にある敵軍は、士気チェックでー6(悪い方)の補正を行う。
    C)視線が妨害されない場合、2HEX以内にいる敵軍の砲兵は、展開隊形に変更できない。
    D)必ずイギリス歩兵(KGL歩兵を含む)と一緒にいる。
      一緒にいる歩兵が全滅した場合のみ、ライフル中隊も全滅する。
    E)一緒にいる歩兵の射撃結果で61から66がでると、敵軍に指揮官がいれば死傷する。
      (通常ルールでは65,66)

  3 伏せ隊形
    イギリス歩兵(KGL歩兵を含む)は、次の特殊な防御隊形が取れる。

   1)能力と制約。
    A)移動段階で隊形変更が可能で、必要な移動力は1。
    B)元の隊形を保持したまま、射撃防御力が6増大する。
    C)伏せ隊形からは立ち上がり(元の隊形)のみ変更できる。
    D)敵軍が2HEX以内に進入したら、自動的に立ち上がる(元の隊形になる)。

【補足】
  1)明記がないが、軽歩兵中隊は親大隊が全滅したら、同じく全滅する。

  2)明記がないが、ライフル中隊はイギリス歩兵(KGL歩兵を含む)ならどれでも一緒にいられる。

  3)明記がないが、伏せ隊形は平地に限定される。

  4)KGL(King's German Legion)歩兵とは。
   A)1803年にブラウンシュヴァイク・リューネブルク公国の軍人たちで作られた部隊。
     彼らの母国は1803年にフランスに占領され、ヴェストファーレン王国に併合された。
     軍隊は解散されたが、イギリス王ジョージ3世はブラウンシュヴァイク=リューネブルク公も
     兼ねていたので、イギリス軍の一部として創設した。
   B)ナポレオン戦争が終わった1816年に解散。軍人たちは、領土を回復してハノーファー王国と
     名前を変えた母国に戻った。