La Bataille de Bailen 1808


  1)ゲームの概要はこちら.pdf

  2)バイレンの場所を示すgoogleマップ、ゲームの地図とサンプルユニットはこちら.jpg

  3)ダウンロードできるWEBページはBatailleus

  4)2013年に公開された。上記のWEBページにはVASSALモジュールもある。

  5)ほぼ歴史に沿ったシナリオの他に、3つのオプションシナリオがある。

【補足】
  1)戦いの背景
   A)スペイン南部のアンダルシア地方の制圧を任されたデュポン将軍の部隊16000人は、
     一時コルドバまで進攻したが、兵力不足の為後退してグアダルキビル川(バイレンの南
     15km)の北岸に沿って防御態勢を取って、増援を待っていた。
   B)スペイン軍はカスタニョス将軍の下に3ヶ師団30000人の部隊を編成し、反撃に出た。
   C)フランス軍の判断ミスにより、半分の部隊(ヴェデル将軍)がバイレン北方に移動してしまい、
     がら空きのバイレンをスペイン軍の2ヶ師団18000人が占領した。
   D)グアダルキビル川から後退したデュポン将軍の部隊10000人は、バイレンでスペイン軍に
     遭遇し、戦いが始まる。後方からはカスタニョス将軍のスペイン軍12000人が迫っており、
     挟み撃ちになった。一方、ヴェデル将軍のフランス軍9000人もバイレンに向かっていたが、
      デュポン将軍の苦境を知らずにのんびりと行軍していた。

  2)戦いの結果
     デュポン将軍の部隊10000人は降伏し、将軍達は帰国できた。しかし、兵士は
    帰国できる約束で降伏したにも関わらずに反故にされて捕虜となった。
    帰国できた将軍達も、激怒したナポレオンにより退位するまで投獄される事になった。
    敗因はデュポン将軍個人にあるのではなく、遠隔地から口を出していたナポレオンにも
    あるようで、詳しい考察は次のブログ参照すると良い。
    祖国は危機にあり関連blog