VASSALモジュール作成手順を整理(7)

つづき

10.OOBの作成
(1)OOB参照情報の作成
 (A)OOB_ref_base.csvをコピーしてOOB_ref.csvに名称変更する。
    この内容は、下図のように最小の情報のみ設定されており、枠内の
    戦いの名称を変更して使う。

 (B)デッキ名を追加する。
    下記のWEBページを参考にして、デッキ名を追加する。
    OOBの自動作成(2)
    プログラム5行目のファイル名を基本情報の名称に変更し、プログラムを起動する。
    9から18行目はフランス軍では使わない。
    正常に動作すると、OOB_ref.csvにデッキ名が追加される。(下図実線枠内)

 (C)ユニットグループ名の入力
    上図の点線枠内のように部隊名と指揮官名・階級を手動入力する。
 (D)連合軍についても上記(A)から(C)を繰り返して、別にOOB参照情報を作成する。
(2)OOBの作成
   下記のWEBページを参考にして、デッキ名を作成する。
   OOBの自動作成(3)
   OOBの自動作成(4/E)
   OOB作成用のGIMPファイルoob2.jpgを開く。
   プログラム50行目のファイル名をVASSAL imagesフォルダの名称に変更し、プログラムを起動する。
(3)結果
   下図のOOBが出来る。

次回へつづく

<個人的な感想>
久しぶりにOOB作成を行ったら、色々と操作ミスして苦戦した。
やはり、慣れないと円滑には作業できないものである。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください