JupyterLabの拡張機能

JupyterLabには色々な拡張機能があるが、上手くインストールできたものと
失敗したものがある。後の為に、以下にメモしておく。

1.上手くインストールできたもの
  variable inspector (JupyterLabのExtention Managerからインストールできる)
  下図のように変数名や型、内容を常に横に表示できて便利である。

2.失敗したもの
  debugger(JupyterLabのExtention Managerからインストールできる)
(1)失敗した例
   自分のJupyterLab画面例。下図の枠内を成功例と比較すると、下記の違いがある。
   言語名称 : Python3 → xpython
   デバックスイッチ : なし → あり

   正常に動作するJupyterLab画面例

(2)失敗の理由
   xeus-pythonがインストールできない為である。(pipenv installでエラーになる)
   下図のようにmacかLinux用のファイルしか用意されていないので、Windowsではエラーになる。

   なお、上記(1)の他にxeus-pythonとptvsdをインストールする必要があることは、
   下記のWEBページにお世話になりました。ありがとうございます。
   ・Jupyter Lab visual debugger (ビジュアルデバッガ)の始め方

<個人的な感想>
debuggerがなくても、variable inspector があれば十分である。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください