[効率化検討]VASSALモジュール製作効率化纏め

VASSALモジュール製作の効率化で検討・作成したツールを以下に纏める。

1.主要ツールと入出力情報
 使用したツール(名前の先頭に*が付いたものが自作したもの)は、以下の通りである。
 なお、特に効果の大きなツールは、背景色を付けた。

入力情報 使用したツール 出力情報
ユニットカウンターシート(スキャンしたもの) *PythonのOCR機能 ユニット諸元情報
ユニット諸元情報 *EXCEL VBAのユニット編集プログラムと手動編集 ユニット基本情報
ユニット基本情報とVASSALのbuildファイル(ユニット情報なし)#1 *Pythonのbuild情報作成 VASSALのbuildファイル(ユニット情報含む)
地図データ(スキャンしたもの) GIMP2.10と手動編集(補正と貼り合わせ) VASSAL用地図
ユニット基本情報、製作参照情報(定数) *GIMP2.10 Pythn-fuの画像製作 ユニット画像情報(一部手動作成)#2
ユニット基本情報、VASSALのimageフォルダ(ユニット画像) *Pythonの基本情報チェック エラー情報(画像の不足、その他)
VASSALのimageフォルダ、buildファイル、モジュールファイル 7-Zip(ファイル圧縮ツール) VASSALモジュール(地図未反映)
VASSALモジュール(地図未反映)、VASSAL用地図 VASSAL編集画面 VASSALモジュール(地図反映の完成版)

(補足)
 #1 予めVASSAL編集機能で作成したテンプレート(ユニット情報と地図だけがないもの)
 #2 標準的な指揮官、砲兵、歩兵は自動作成。また、フランス軍は、猟騎兵、胸甲騎兵、竜騎兵は自動作成。
   その他は、手動で作成する。

2.関連ツールと入出力情報

入力情報 使用したツール 出力情報
ユニット基本情報 *PythonのSQL DB登録 基本情報データベース(SQL DB)
基本情報データベース(SQL DB) *PythonのSQL DB検索 色々なユニット情報
VASSALのbuildファイル *Pythonのbuild読み取り ユニット基本情報
ユニット基本情報 *Pythonの砲兵タイプリスト作成 砲兵タイプリスト(重複なし)
砲兵タイプリスト、大砲情報(定数) *Pythonの大砲情報不足リスト作成 大砲情報(定数)の不足リスト
砲兵タイプリスト、大砲情報(定数)、作成済の砲兵裏画像 *GIMP2.10 Pythn-fuの砲兵裏画像自動追加 砲兵裏画像(不足分を追加)
ユニット基本情報 *Pythonの騎兵・歩兵裏画像リスト作成 騎兵と歩兵の裏画像リスト(重複なし)
砲兵タイプリスト、騎兵と歩兵の裏画像リスト *Pythonの裏画像転送ツール ゲームに必要な裏画像(一式)
ユニット画像を保存しているフォルダ *Pythonの表画像転送ツール ゲームに必要な表画像(一式)
ユニット基本情報、OOB参照情報(デッキ名、部隊名は空) *Pythonのデッキ名称リスト作成 OOB参照情報(デッキ名が追加、部隊名は空)
OOB参照情報(デッキ名が追加、部隊名は空) 左記csvファイルの内容を手動編集 OOB参照情報(部隊名が追加された完成版)
ユニット基本情報、VASSALのimageフォルダ、OOB参照情報(完成版) *GIMP2.10 Pythn-fuのOOB自動作成 OOB画像

 

<個人的な感想>
意外にも、Pythonの基本情報チェックツールは有効である。特に画像の不足が分かるのがありがたい。
Pythonのbuild読み取りは、VASSALの改修を行う際に便利である(ユニット情報を作成しなかったものに有効)。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください