【Python】ゲームユニットでOCR機能を試す(4)

つづき

3.元画像の違い

 画像の解像度により認識率が向上するとの事で、色々試してみた。

(1)ユニットシートの裏面の半分を撮影したもの。

左上部分の原寸大(100%表示)

認識結果は、下図の通り。数字部分は、ほぼ認識できている。

上記の続き

(2)iphoneの近接撮影ギリギリ(これ以上近づくと焦点が合わなくなる)

左上部分の原寸大(100%表示)。これで見ると焦点が合っていない。

認識結果は、下図の通り。画像がボケている為に認識できていない。

(3)iphone標準のカメラ機能で近接撮影

 これまでは、その場で画像補正が容易なCamScannerアプリで撮影していた。しかし、

標準のカメラ機能の方が近接撮影距離が小さくので、試してみた。

左上部分の原寸大(100%表示)

認識結果は、下図の通り。

次回へつづく

 

<個人的な感想>

近接撮影で解像度を上げたつもりが、認識率が悪くなったのが意外である。特に(3)は、

焦点がボケている訳ではないのに・・・。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください