退屈なことはPythonにやらせよう(2)

 今回は第2弾として、バタイユゲームをVASSALでプレイする時に使う

色々なプログラムの起動をPythonにやらせてみた。

プログラムソースを下記に示す。

(補足)

・3画面の表示優先は、次の通り。

 メインディスプレイ(No1) : 最前面がVASSAL、裏にGIMPとWEBページ

 サブディスプレイ(No2) : 最前面が4つの表、裏に特殊ルールとOOB

 サブディスプレイ(No3) : 最前面がバタイユゲーム支援ツール

・OOBと特殊ルールは、必要時に見る為に全画面で表示させる。

・4つの表(地形効果、射撃防御力、射撃効果、騎兵突撃呼戻し)は、

画面分割して常時表示させている。

・GIMPとブログページは、プレイ記録を残す為に使っている。

・ホームページは、基本・特殊・自家製ルールを必要時に見る為に全画面で

表示させる。

 

<個人的な感想>

 いや~、とても便利である。ただ、GIMPがメインディスプレイ(No1)に表示されたり、

No3のディスプレイに表示されたり、不安定な点が心残りである。

指定したディスプレイに表示させるのは、個々のアプリの問題であるとの事。なお、

普通は下図のように指定したメインディスプレイに表示される。

GIMPには、モニタを指定できる設定(下図の赤枠)があり、指定しても効果がなかった。

原因は不明である・・・。

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください