退屈なことはPythonにやらせよう(1)

 題名を引用した下記の本は、とても参考になりました。

退屈なことはPythonにやらせよう

第1部では、Pythonの基本的で最小限必要な事を学べる。

第2部では、応用編としてEXCELデータを読み書きしたり、

プログラムを起動する例が学べる。

そこで、上記の第2部を参考にして、今回はバタイユゲーム支援ツールに

外部データを設定する事をPythonにやらせてみた。

プログラムソースを下記に示す。

 

<個人的な感想>

 いや~、とても便利である。JupyterNotebookから操作する必要はあるが、

RUNボタンを順次クリックするだけで、間違いなくデータを設定できる。

外部データのシート名称を統一できていない事が反省点である。もちろん、

同じゲームでもシナリオによって異なるデータがあるので、難しいが今後検討

する必要があると感じた。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください