数式記述エディタLaTex+LyX

 数式記述を得意とするフリーの文書処理システムLaTexと、その統合環境の

1つであるLyXを使ってみた。結論は、大変使いやすい。

1.インストール

(1)LaTex

  下記のWEBページの”ISO イメージからのインストール”を参考にインストールできた。

 約40分かかる。ISO ファイルが約3.5GBもあるので、大部分がダウンロード時間である。

 ・TeX Live > Windows > インストール

  正常に完了すると、下図のようにメッセージが出る。

(2)LyX

  下記のWEBページの”2.1  Windowsバイナリ”を参考にインストールできた。

  ・ダウンロード

 なお、そのままではエラーが出て使えないので、下記WEBページの”そこで文書の設定を変更:”

 の内容を設定し、下図赤枠の”文書の既定値として保存”をクリッしてから閉じる。

 下記のWEBページにお世話になりました。ありがとうございます。

 ・LyX 2.3.0 の導入

2.使用例

(1)数式記述

   下記のような記述が簡単にできる。ほとんど数学の教科書のような記述である。

(2)一般文書

   以前に記述した”Landwehrの和訳は何が良いか”の内容をLaTex+LyXで

 書いたものをPdfファイルにしたものが(Landwehr)である。とても簡単に書けた。

 

<個人的な感想>

 LyXは、文書の体裁を気にせずにドンドン書けるので使いやすい。その結果も、

それなりの体裁になっているので、感心した。

但し、英語圏のプログラムなので、日本で一般的なpLaTeX2e(日本語用に改変)を

読み込めない点が残念である。下図のエラーが出る。

今から論文を書くわけでもないので困らないが・・・。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください