Inkscapeのフォント変更と数式記述

 ベクター形式のDraw.ioは、部分的にフォントを変えられるが

フォント埋め込み可能でない場合は使えない問題が有った。

同じベクター形式でもPC内(オフライン)で動作するInkscape

について調べてみた。

1.フォントの部分変更

(1)下図のように部分的に変更が可能である。

  また、フォント埋め込み可能でない場合でも使える。

(2)下図のように部分的に縁取り(黒)もできる。

2.数式記述

 WEBを検索すると、LaTex形式で出来るとの記載があるが、

下記のような自分の環境では出来なかった。

Windows10 Ver 1903

Inksacpe Ver 0.92.4

TexLive 2019

pstoedit :binary for Windows 64 bit

インストールでエラーはなく、下図ようにメニューにLaTexが表示された。

下図のように初期画面が出るので、適用をクリックするとエラーが出る。

(1)エラーその1

  このエラーは、下記のWEBページに対策が記載されており、解消できる。

 ・Inkscape での eqtexsvgが使えないエラー

(2)エラーその2

    上記のエラーが解消された後に、下記のエラーが出て数式は表示されない。

 このエラーについては、WEBで調べたが解消方法を見つける事ができなかった。

3.Draw.ioとのデータ交換

 Draw.ioはsvgファイルにも出力できるので、そのファイルをInkscapeで

読み込んでみた。下図のように数式部分は非対応となる。

<個人的な感想>

 数式の記述は、諦めることにした。そもそも、GIMPとInkscapeも図形処理が主であり、

数式の記述は必須ではない。どうしても、数式の記述が必要な場合は、Draw.ioか

他の編集ソフトを使うことにする。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください