GIMPとDraw.ioのフォント変更

テキストボックス内のフォントで、一部だけ変更できるか試してみた。

1.GIMP(バージョン:2.10.12)

(1)初期状態

 BIZ UDPゴシックを指定した。

(2)2行目のUDP文字だけにVladimirフォントを指定した場合

  全ての文字がVladimirフォントになった。但し、登録されていない文字は既定のフォントで補われる。

2.Draw.io(バージョン:10.9.4)

(1)上記1.と同様に2行目のUDP文字だけにVivaldiフォントを指定した場合

 (A)他の文字はBIZ UDPゴシックのままである。

 (B)2行目のUDP文字だけがVivaldiフォントに変わる。

(2)補足

   使えるフォントは、次の条件を全て満足するものである。

 (A)OSに登録されているものだけである(C:\Windows\Fontsにあるもの)。

   その為、フォント管理ツールNexusFontは有効でない。フォントのインストール方法については、

    下記の手順で上手くいった。

  (a)フォントファイルを右クリック。

  (b)”プログラムから開く”にカーソルを合わせて、Windowsフォントビューアーを選択。

  (c)画面上部にある”インストール”をクリック。

 (B)フォント埋め込み可能である(フォントファイルを右クリッして、プロパティの詳細タグを見れば分かる)。

  (a)下図のように、”プレビュー/印刷”であれば使える。

  (b)下図のように、”インストール可能”であれば使えない(デフォルトのフォントで表示)。

<個人的な感想>

 いつも使い慣れているGIMPではできなかったが、Draw.ioでは文字単位でフォントを変えられる。

少し残念だが、文章中でフォントを変えたい場合には、Draw.ioを使うほうが良さそうである。

但し、フォント埋め込み可能でない場合には、GIMPで表示できるので、

GIMPとDraw.ioを比べると各々一長一短がある。使い分けると良さそうである。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください