新しいPCのGPU性能評価

 ベンチマークソフトを使って、新しいPCのGPU性能を計測した。その評価を以下に纏めた。

1.実測値

  次の2種類について3D MakのTime SpyとFire Strikeのベンチマークを計測した。

 使用したディスプレイはフルHD(1920×1080)である。

(1)CPUとグラフィックボード(GPU)は初期のまま。

   メモリクロックを標準の2133MHzから3400MHzにオーバークロックする。

  (メモリは3600MHzまで可能なもの)

(2)上記(1)に加えてGPUをオーバークロックする。

   GPU :コアクロック1830→1900MHz 、メモリクロック1750→1798MHzにする。

区分 Time Spy値 Time Spy比較 Fire Strike値 Fire Strike比較
(1)メモリOC 7455 71%Better 16597 87%Better
(2)GPU OC 7661 77%Better 17213 87%Better

  常用する(1)について、計測結果を下記に付けておく。

2.参考になるWEBでの計測値

  WEBから下記の3種類の計測値を見つけたので、該当部分を抜粋して引用する。

 下記の計測値と上記の(1)では多少の違いがあるが、CPUの違いもあるので、

 ほぼ同じ性能と思う(自分のGPUが特別悪くはない)。

(1)4Gamer.netのRTX2060レビューから引用

(2)IT Media PC Userから引用

(3)はじめてゲームPCから引用

<個人的な感想>

 GPU総合性能(Time Spy)としては、上位から29%の位置にあるので低いように感じる。

しかし、ハイスペックゲーミングPC性能(Fire Strike)は上位から13%の位置にあるので十分である。

上位にRTX2080、2070、GTX1080などがいることを考えれば、十分と思う。

Time SpyとFire Strikeの違いを、どのように判断するかは難しい。

これから購入するWQHD(2560×1440)ディスプレイで、通常のゲームプレイに支障がなければ良い。

ディスプレイが到着したら、計測して改めて評価する予定である。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら