大陸軍の軽騎兵旅団長

 前回のティリ将軍の年齢が高いので、1805年から1807年戦役での

大陸軍の各軍団に所属する軽騎兵旅団長を調べてみた。(  )内が当時の年齢である。

軍団番号と指揮官 1805年 1806年 1807年
Ⅰ(ベルナドット) Kellermann(35) Tilly(57) Carrière(36)(*2)
Ⅱ(マルモン) Lacoste-Duvivier(58)(*1) 不参加 不参加
Ⅲ(ダブー) Viallanes(43) 同左(44) Marola(38)
Ⅳ(スールト) Margaron(40) Guyot(38) 同左(39)
Ⅴ(ランヌ) Trelliard(41) 同左(42) 不参加(*3)
Ⅵ(ネイ) Tilly(56) Colbert(29) 同左(30)
Ⅶ(オージュロー) Augereau(33)(*4) Durosnel(35) 同左(36)

(注)金色に塗った人は少将(General d’ Division)で、無色は准将(General d’ Brigade)である。

 (*1)歩兵出身で実質はd’Etoquigny(43)准将が旅団を指揮していた。

 (*2)Beaumont男爵とも記載される。

 (*3)ランヌ元帥は予備軍団を指揮して参加していた。

 (*4)軍団長のオージェロー元帥の弟。

 

<個人的な感想>

 実質的に軽騎兵旅団を指揮していたのは、ティリ将軍を除いて30~40歳代であった。

普通は陣頭指揮するので、老齢では難しいと思う。ティリ将軍は、元気だったのか・・・。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら