第3次ハレの戦い(8/E)

<15:00開始時点の状況>

 

<16:00終了時点の状況>(4ターン経過後)

 プロシア軍は1ヶ大隊が潰走し、2ヶ大隊は完全な捕虜の状態にある。フランス軍は潰走した大隊はない。

士気レベルは両軍とも0のままである。

 

<1番目の橋付近の拡大図>

 プロシア軍捕虜はフランス軍後方に移送完了し、奪還作戦は最終的に失敗に終わった。

ここまでの両軍の損害は、フランス軍23戦力、プロシア軍31戦力である。

 

<勝利判定>

 勝利条件を適用すると引き分けである。

 

<人員の戦力と損失> 

損失=歩兵1戦力100人、騎兵1戦力50人で計算したゲームで失った人員を2で割ったもの。

但し、捕虜は降伏時の戦力が全て損失になるので、2で割る事はしない。

2で割る意味は、離散した兵が後で本隊に合流するなどの回復を考慮している。その意味では、

捕虜になった戦力は回復しないので除外した。

  初期戦力 第3次の損失 第2次の損失
フランス軍 19400 1150 1400
プロシア軍 14950 2000 2250

 

<ランチェスターの法則>

 午前と午後では、お互いに攻守が入れ替わった。その為か、合計では第2法則が近い結果となった。

午前と午後を別に評価すると、第1法則の方が近いが、当てはまると言えるほどではない。

内容 フランス軍 プロシア軍

武器性能比

(プロシア軍/フランス軍)

初期戦力 残存戦力 初期戦力 残存戦力 第1法則 第2法則
第3次 19400 18250 14950 12950 0.575 0.776
第3次AM  6300  5550  5400  4900 1.500 1.726
第3次PM  5550  5150  6700  5200 0.267 0.240
第2次 19400 18000 14950 12700 0.622 0.842

(注)第3次AMは、捕虜が出る前の午前中の戦いのみを計算した場合。フランス軍はデュポン師団、

プロシア軍は第2師団が戦っていた。第3次PMは、捕虜が出た後の午後の戦いのみを計算した場合。

フランス軍はデュポン師団、プロシア軍は第2師団と前衛旅団が戦っていた。

 

<評価>

1)ランチェスターの法則

  戦術的な戦い方は反映されないように思う。大雑把に”戦闘力は戦力の2乗に比例する”ことは

 正しいと思われるが、バタイユゲームなどの戦術級ゲームには応用できない。

2)砲兵の有無

  砲兵が支援した第2次の戦いに比べて、フランス軍は相当苦戦した。特に隘路を通った攻撃は

 隊形が縦隊になる為に、防御側が横隊だと射撃戦で不利になる。それを支援できる砲兵は大いに

 役に立つ。 

3)捕虜ルール

  雰囲気重視の面では、大いに有効と判断する。特に、今回はプロシア軍の行動指針を変えて

 攻撃に転じさせる要因となり、緊迫した戦いが模擬できた。このルールがなければ、プロシア軍は

 守備的な戦いを継続して、面白みのない戦いになったと思われる。

 

<個人的な感想>

 捕虜ルールで確認できた事、できなかった事を纏めると以下となる。確認できた事に

関するルールは問題ないと感じた。確認できなかった事については、時間があれば

テストプレイして確認しようと思う。

 A)確認できた事

   ・味方捕虜を奪還する行動が出来る(今回は奪還できなかったが)。

   ・捕虜を得た軍の戦力が低減する(監視部隊を付けるので)。

   ・部隊レベルの低下防止に捕虜奪還は意味がある。

 B)確認できなかった事

   ・捕虜の脱走・奪還・味方への合流。

   ・脱走した捕虜の追跡・捕獲。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら