ベルナドット部隊のイタリアへの行軍

 1797年1月にコブレンツを出発して、3月にパドヴァ(ナポレオンの司令部)に

に到着するまで、2万人が約1400kmを約2ヶ月で行軍した。1日当たり約24kmで、

荷馬車を伴う平均速度3kmから換算して1日8時間となり、通常の行軍と思われる。

1)ステップ1;コブレンツからメッス経由でディジョンまで約500km

Mch1a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)ステップ2;ディジョンからリヨン経由でシャンベリーまで約300km

        シャンベリーからモンスニ峠でアルプスを越えてトリノ経由でミラノまで約350km

        なお、冬に雪の中のアルプスを越えるのは、相当厳しかったらしい。

Mch2a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3)ステップ3;ミラノからべロナ経由でパドバまで約250km

Mch3a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4)ベルナドットは、フランス国内を行軍中に故郷・家庭が近くにある兵士

6000人(全軍の約1/3に当たる)について一時帰郷を許した。各人に

都合の良い場所で再合流するという思い切った条件である。結局、戻ら

なかった兵士は30人(0.5%)との事で、軍の士気は向上したらしい。

 

<個人的感想>

 一時帰郷は思い切った判断と思う。多数が戻らなかったら、ベルナドットの

責任問題になり更迭もあり得た。

3年後には、ナポレオンが4万人でアルプスのグラン・サン・ベルナール峠を

超えたが、この時は5月の春であり、ベルナドットの時よりも環境は厳しく

なかったと思われる。しかし、フランス軍のアルプス越えといえば、ナポレオンの

名前がでるほど有名(絵もある)なのは、人気の差か。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら