クレベールとジュールダン

 サンブル・エ・ミューズ軍の司令官であるジュールダンと実質的に作戦を仕切っていた

と言われるクレベールについて、経歴を少し調べて見た。

    出来事

クレベール

1753年生

ジュールダン

1762年生

1777年  9月   オーストリア軍に入隊  
  10月   少尉24歳  
1779年  4月   中尉26歳  
1783年     自発的退役  
1789年  7月 バスティーユ襲撃    
1790年        国民志願兵大尉28歳
1791年 10月    

 北方軍大隊長中佐29歳

1792年      ライン軍に入隊  
1793年  4月 マインツ要塞包囲  マインツ守備隊准将40歳  
   5月      北方軍准将31歳
   7月 マインツ要塞降伏 武装解除され帰国、ヴェンデ反乱鎮圧へ  北方軍少将31歳
   9月     アルデンヌ軍司令官
  10月   ショレの戦いの功績で少将40歳 ワッチニーの戦いで勝利
1794年  1月      公安委員会により逮捕、ワッチニーの戦いの功績で処刑を免れ退役
   5月     モーゼル軍司令官として復帰
   6月   サンブル・エ・ミューズ軍に転属 サンブル・エ・ミューズ軍司令官

クレベールはドイツ国境の町ストラスブールに生まれている。

 

<個人的感想>

 クレベールがオーストリア軍の将校だった事は意外である。一方、ジュールダンは、

若くして順調に出世したが、実行不可能な命令を拒否したのが原因で逮捕された。

危うく処刑されそうになったので、これ以降は政府・派遣議員に対して反対できなくなったと思われる。

仕方がない事ではあるが、そういう面も含めて、軍事能力と年齢が上のクレベールが、ジュールダンに

従順ではなかったのは分かる気がする。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら