SF小説”母の記憶に”を読む

評判の良い”母の記憶に”である。

表題作の”母の記憶に”は、自分には余りピンとこなかった・・・。
良かったと思うのは、次の3作である。
1)レギュラー : ミステリ小説の味付けが良い。
2)ループの中で : 父親のトラウマを背景にした所が何とも良い。
3)草を結びて環を銜えん : 主人公が逞しい・・・。

<個人的な感想>
気に入った作品は、何故か女性が主人公の
短編(中編に近いかも)ばかりである。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください