バウツェンの戦い序盤その1(1)

ME版バウツェンの戦いシナリオ2をソロプレイした。今回のプレイ用に作成した新規の
VASSALモジュールを使い、バタイユゲーム支援ツールは最新版のV1R19を使った。
シナリオ2は全体マップの右側2枚を使い、AM6:00から9:20までネイ元帥の部隊と
バルクレイ大将の部隊が戦った。(バウツェンの戦いは9:40から全面的に両軍が交戦する。)

1.OOBと初期配置
(1)OOB
 (A) フランス軍
   ネイ元帥直属の第3軍団から3ケ師団と、第5軍団から第16師団、第3軽騎兵師団の一部が参加する。
   総指揮官は、ネイ元帥である。

 (B)ロシア軍
   バルクレイ大将直属の西部第3軍とロシア軍総司令部直属の前衛部隊(ランスコイ少将)が参加する。
   バルクレイ大将がランスコイ少将の前衛部隊を指揮するには、ロシア軍総司令部の許可が必要である。

(2)初期配置
 (A) フランス軍(青色枠)
   2ケ師団が地図上にあり、他は順次増援部隊として地図上部から進入する。
 (B)ロシア軍(緑色枠)
   AGの表記がロシア軍総司令部直属の前衛部隊で、他はバルクレイ大将指揮下の部隊である。   

2.作戦方針
(1)概要
 (A) フランス軍
   ネイ元帥がナポレオンから命令されているのは、下図のように進軍して連合軍の
   退路を遮断する事である。
 (B)ロシア軍
   バルクレイ大将が命令されているのは、主力部隊の側衛として現在地を守る事である。

次回へつづく

<個人的な感想>
フランス軍は、とにかく攻め続ける事である。敵部隊の撃破よりも、
連合軍主力の退路遮断を優先する。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください