[効率化検討]基本情報の内容チェック(1)

 ユニットのデータ内容や画像の有無をVASSALモジュールで目視確認する作業は

大変である。そこで、ユニット基本情報の内容をプログラムでチェックしようと思う。

基本情報の項目とチェック内容(案)は以下の通りである。

基本情報の項目 チェック1 チェック2 チェック3 チェック4 チェック5 チェック6 チェック7 チェック8
ユニット名称          
射撃値       ○*1   *2  
白兵戦値         *2  
士気値         *2  
射程         *2  
戦力       *2  
表画像名称        
裏画像名称          
デッキ名称          
ユニット種別            

●:EXCEL VBAでチェック済   ○:pythonでチェック 

チェック1 : 重複チェック(同じものがあればエラーとする。)

チェック2 : 空白チェック(ユニット種別に応じて、空白の有無がエラーかどうかが変わる。)  

チェック3 : 選択肢チェック(限られた選択肢に該当しない場合にエラーとする。) 

チェック4 : 画像ファイル有無チェック(imagesフォルダに該当のjpgファイルが無ければエラーとする。)

チェック5 : 上下限値チェック(値が範囲外であればエラーとする。)

チェック6 : 連隊と大隊の合計チェック(連隊の戦力が大隊の戦力合計と不一致ならエラーとする。)

チェック7 : 英数字、記号(/,_)チェック(左記以外の文字はエラーとする。) 

チェック8 : 連続性チェック(纏まったグループから離れたデッキ名称があればエラーとする。)  

(注記)

*1:竜騎兵のSK、指揮官の2/3は例外扱いをする。

*2:上下限値チェックがあるので必要ない。

 

次回へつづく

 

<個人的な感想>

 チェック8は実際に起こったミス(*3)を見つける為である。また、チェック4は、

よくあるミスで、画像名称を間違えたり、画像ファイルが不足したりする事を防ぐ。

*3:基本情報を編集中に、所属するデッキを変更したが、名称の変更を忘れた。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら