[効率化検討]VASSALモジュールから基本情報を作成

 基本情報のデータベースを拡大する為に、既存のVASSALモジュールから

基本情報を作成することにした。以下に方法を記載する。

1.前提条件

(1)入力するデータは、VASSALモジュールを解凍したbuildとする。

(2)出力するデータは、効率化検討で使った基本情報(集積用)と

 同じフォーマットとする。

(3)プログラムは、Anaconda+Jupyter NoteBook+Pythonの

 開発環境で作成・動作する。

2.プログラムソース

プログラムソースを下記に示す。なお、今後修正が発生した場合は、下記に反映していく。

(補足)

(1)基本情報を記憶するリストは、長さを特定できないので、可変データに

 対応できるものにする。具体的には、初期値で[[]]を指定する。その後、

 データは追加(append)形式で登録する。但し、1つのデータを登録後に、

 初期値で指定した先頭の空リスト[[]]を削除する。

(2)buildデータは、下記のようにデッキ情報の次にユニット情報が続くので、

 初めにデッキ名称を検索し記憶する。その後、ユニット情報を検索して登録する時に、

 このデッキ名称を使う。

 ・デッキ情報

  ・ユニット情報 *nケ

 ・デッキ情報

  ・ユニット情報 *nケ

3.テスト結果

(1)入力データは、シェンカーバンの戦いV1R2(自作)である。

(2)出力データは、下図のように109ケのユニット基本情報である。

<個人的な感想>

 思ったよりも苦戦しないでプログラムを作成できた。正規表現モジュール(re)

使うことで比較的簡単にデータを検索・抽出できた。これが無ければ、とても完成

出来なかったと思っている。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください