[効率化検討]Pythonでbuildの変更

 Pythonとxmlツールを使って、ひな型にトレイ(部隊ユニット1ケのみ)を

追加する簡単なテストを行った。うまくいったので、メモしておく。

1.プログラムの考え方

 以前にトレイのデータ構造で検討したものと同じである。以下に再掲載する。

(1)変更が必要な部分以外は共通なので、文字列定数で記憶する。

(2)変更部分はプログラムで編集し、上記の文字列定数部分と合成する。

(3)文字列をxmlの要素に変換する。

(4)完成したトレイ(xml要素)をbuildファイルに追加する。

2.プログラム

プログラムソースを下記に示す。

(補足)

(1)取り込みファイルに.xmlを付けていない。しかし、問題なくPythonで読み込める。

(2)出力時にも.xmlを付けていない。しかし、問題なくVASSALで読み込める。

 なお、出力ファイルは、下図のように1行目にXML宣言文がない。省略しても問題は生じていない。

 きちんとXML宣言文を付けたい場合には、write文にxml_declaration=Trueのパラメータを付ける。 

 変更前のファイルには、下図赤線部分のようにXML宣言文がある。

3.処理結果

(1)VASSALエディタ画面

 下図赤枠のようにトレイが追加出来ている。

(2)プレイ画面

 下図のようにトレイが追加出来ている。

また、トレイからマップに移動しても、下図のように表示できる。

裏画面や諸元データも正常に表示できる。

<個人的な感想>

 予想外に順調に処理できた。もっと苦戦するかと思っていた。

これまでで、データ入力から出力まで大筋の流れを確認できた。

次は、諸元データと基本データをPythonで上手く纏められるかである。

何か効率化が実現できそうな気配である。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください