ドラマ”戦争と平和”

 NHKで放送したドラマ”戦争と平和”第1回を見た。出だしの映像で霧がだんだんと

消えて遠くに兵士たちが見え、手前にナポレオンらしい人物が映った時は、

”おお!出だしからアウステルリッツの戦いか?!”と思った。

war_peace1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、すぐにサンクトペテルブルクの画面に切り替わった・・・。

それでも、出だしの演出は上手いと思う。第2回でアウステルリッツが描かれるようだが、

この第1回の初めの1分間の映像は保存したい。

 

 第1回の終わり頃はシェンカーバンの戦いが描かれ、主要人物の1人が所属するロシア軍

パヴログラード・ユサール連隊の突撃があった。その服装の色について気になったので、調べて見た。

1)ドラマの服装

pavlograd0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャケット(Dolman)とズボンは濃い緑、短い外套(Pelisse)は空色、ブレードと呼ばれる

細い組紐(Lace)は赤である。

 

2)史実での服装

 ジャケット(Dolman)とズボンは濃い緑、短い外套(Pelisse)は空色、ブレードと呼ばれる

細い組紐(Lace)は黄色(下図)または赤(下々図)である。

なお、下図の2つともズボンはグレーであるが、グレーと濃い緑を使い分けしたとの事。

pavlograd1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pavlograd2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマのユサール騎兵服装は、きちんと時代考証ができていると思う。

BBC製作の為かもしれない(英国人は歴史好きなので、うるさいのかも)。

 

<個人的感想>

 シェンカーバンの戦いを見ると、マーシャルエンタープライズが製作したバタイユゲーム

プレイしたくなる。10月中旬には新版のアウステルリッツの戦いが届く筈なので、ドラマの

第2回を見て気分を盛り上げプレイしたいが・・・。ビッグゲームなので無理そうである。

 

<リンク>

ブログのトップページは、こちら

バタイユゲーム情報班のホームページは、こちら